2.PHPのコードを書いてみよう

このサイトでは、Webサイトの制作やWordPress開発でPHPを使用することを想定しているので、PHPの動作確認はブラウザで行っていきます。

XAMPP、MAMPともhtdocsにフォルダを作成してその中にPHPファイルを保存します。

今回は、sampleフォルダを作成して、その中にindex.phpを作成します。

文字をブラウザに出力してみよう

index.phpに以下のコードを記述してください。

sample/index.php
<?php 

echo 'Hello, world.';

?>

コードが書けたら、ブラウザのアドレスバーに「http://localhost/sample/index.php」と打って、表示を確認してください。

このように、「Hello, world.」と表示されていれば成功です。

PHPのコードは、<?php?>の間に記述します。

echoは文字列を表示させるためのコードです。

クォーテーション(’)かダブルクォーテーション(”)で囲んだ文が、文字列として認識されます。

PHPでは、行の最後に;を入れないとエラーが出るので、忘れずに入れるようにしましょう。

phpファイルにはPHPのコードとHTMLを混在して書くことができますが、PHPのコードしか書かない場合は?>を省略でき、省略することが推奨されています。

sample/index.php
<?php 

echo 'Hello, world.';

コメント

index.phpに以下のように書いてみましょう。

sample/index.php
<?php 

// テキストの出力
echo 'Hello, world.';

//と書いた後の同じ行の文は無視され、処理に影響しません。

sample/index.php
<?php

/*

複数行のコメントは、
このように書きます。

 */
echo 'Hello, world.';

上記のように/**/で囲まれた文も無視されます。//は1行のコメントですが、/* */は複数行のコメントに使えます。

このようなコメントは、プログラムの説明や注意事項を書いたり、一時的にコードを無効化したりする時に使います。

変数を使ってみよう

sample/index.php
<?php 

$text = 'Hello, world.';

echo $text;

このように記述すると、先ほどと同じように「Hello, world.」と表示されます。

$textという変数に'Hello, world.'の値が格納され、それがechoで出力されています。

算数では等号(=)はイコールを意味しますが、PHPでは「代入」を意味します。

変数名は先頭がドルマーク($)で、文字とアンダースコア(_)、数字で命名します。

ただし、$の次を数字にしてはいけない決まりになっています。

<?php 

$text = 'Hello, world.'; // OK

$_text = 'Hello, world.'; // OK

$1text = 'Hello, world.'; // エラー

$text_1 = 'Hello, world.'; // OK

複数の単語を繋げた変数名をつけたい場合は、$sample_text$sampleTextのような書き方がありますが、PHPでは前者($sample_text)が一般的なので、WordPressの開発でもそのような書き方をします。

<?php 

$sample_text = 'Hello, world.';

echo $sample_text;

echoはテキストを表示させるコードですが、変数の中身を確認するのにvar_dumpという関数もよく使われます。

sample/index.php
<?php

$text = 'Hello, world.';

var_dump($text);

ブラウザを確認すると、string(13) "Hello, world."と表示されます。

stringは文字列、13は文字列の長さ(バイト数)です。

プログラミングにはというものがあり、'"で囲まれた文字列はstring、1、2、-1のような整数はinteger(int)、trueやfalseのような真偽値はbooleanといった型になります。

string以外の方は後ほど出てきますので、ここでは「型というものがある」ということを覚えておきましょう。

var_dumpは変数の中身や処理の結果を確認したい時などに使うので、覚えておきましょう。

変数の話に戻します。変数は、後から中身を書き換えることができます。

sample/index.php
<?php

$text = 'Hello, world!';

var_dump($text); // Hello, world!

$text = 'Hello, PHP!';

var_dump($text); // Hello, PHP!

$text = 'Hello, PHP!';で、変数を上書きし、再度var_dumpを実行すると、変数の中身が書き換わっているのが確認できます。

変数と文字列を結合することもできます。

sample/index.php
<?php

$hello = 'Hello, ';
$msg = $hello . 'world!';

var_dump($msg); // Hello, world!

ドット(.)で繋げると変数と文字列が結合されて、「Hello, world!」と表示されました。

ダブルクォーテーション(”)の場合は、中に変数を入れることもできます。

sample/index.php
<?php

$hello = 'Hello,';
$msg = "{$hello} world!";

var_dump($msg); // Hello, world!

変数を中括弧({})の中に入れることで、変数が展開されます。

計算をしてみよう

PHPで四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)をしてみましょう。

sample/index.php
<?php

$result = 1 + 1;

var_dump($result);

ブラウザを確認すると、「int(2)」と表示されたと思います。

intは整数のことで、整数の2が変数に入っているという意味です。

$result = 1 + 1; // 2

$result = 2 - 1; // 1

$result = 2 * 3; // 6

$result = 6 / 2; // 3

+は足し算、-は引き算、*は掛け算、/は割り算です。

sample/index.php
$result = 7 % 2;

var_dump($result);

%は、余りを出したい時に使います。上記のコードでは、72で割った時の余りなので、1が出力されます。

割り切れる場合は0になります。

$result = $num % 3;

このようなコードがあった場合、$resultが0であれば$numは3の倍数、0以外の数字であれば$numは3の倍数ではないということになります。○の倍数かどうかを判定するために使うことが多いです。

$result = $num % 3;

他にも計算式を省略した書き方もできます。

sample/index.php
<?php

$num = 1;

$num += 1; // $num = $num + 1;と同じ

var_dump($num); // 2

$num += 1;は、$num = $num + 1;を省略した書き方です。

sample/index.php
<?php

$num = 1;

$num += 1; // $num = $num + 1;と同じ

var_dump($num); // 2

また、以下のような書き方もあります。

sample/index.php
<?php

$num = 1;

$num++; // $num = $num + 1;と同じ

var_dump($num); // 2

++は、1を足す処理で、$numの後に++をつけると1+1で2になります。

ループする処理で1ずつ足したい時によく使います。ループについては別の講座で解説します。

sample/index.php
<?php

$num = 1;

$num++; // $num = $num + 1;と同じ

var_dump($num); // 2

同様に、引き算でも同じことができます。

sample/index.php
<?php

$num = 5;

$num -= 1; // $num = $num - 1;と同じ

var_dump($num); // 4

$num--; // $num = $num - 1;と同じ

var_dump($num); // 3